シリコーン消泡剤の特徴や使い方について

消泡剤は、シリコーン系と有機系の2つに分けることができますが、シリコーン系にはオイル型やオイルコンパウンド型、溶液型やエマルジョン型、自己乳化型の5種類に分類され発泡駅の種類や条件などに応じて選択できるようになっています。有機系には、界面活性剤やポリエーテル、高級アルコールなどの種類がありますが、こちらではシリコーン系消泡剤の特徴や使い方について解説することにしましょう。シリコーン系は、汎用的であり油性の発泡液にも有効などからも、オイル型などをはじめ5種類に分類されてるのが特徴です。オイル型は、食品工業の油系や潤滑油・インキ・塗料などの用途で活用されることが多い消泡剤で、溶剤や添加剤などが含まれていない100%のシリコーンオイルです。

主に、水もしくは溶剤が混ざることを嫌う油性の発泡液で使われることが多い種類です。溶液型もオイル型と同じく油性の発泡系に使用されることが多く、石油精製や塗料、合成樹脂や石油コークス製造などの中で利用されます。オイルコンパウンド型は、シリコーンオイルにシリカの粉末を配合したもので油性だけでなく水性の発泡液にも有効です。エマルジョン型の場合は、オイルコンパウンドを水中油型エマルジョンにしたもので水性タイプの発泡液用消泡剤の中では最も汎用的といいます。

自己乳化型は、30度以下の冷水で5~10倍に希釈してから混ぜ合わせるとエマルジョン状態になり、酸性やアルカリ性発泡液に対しても優れた消泡効果を持つなどの特徴があります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*