豆腐製造に使用される消泡剤とは

夏の季節は冷奴、冬は湯豆腐やお鍋に入れる機会が増える豆腐は、栄養価が高くヘルシーなことから普段の食生活に欠かせない食材になりつつあります。一般的な消費者のイメージする豆腐といえば大豆とにがりだけで作られているものですが、市販されている商品に関しては製造時に様々な食品添加物が使用されている特徴を持っています。添加物と聞くと体に害があるのではと不安に感じる方も多いため、どんな食品添加物が使用されているのか正しく知って安全に食事に取り入れるようにしましょう。まず代表的な食品添加物の一つに「消泡剤」があります。

豆腐は滑らかでつるんとした食感が特徴ですが、この滑らかさは消泡剤を使用することで仕上げられています。この消泡剤はその名前の通り泡を消すためのものであり、豆腐の原料として使われる大豆にはサポニンという成分が入っており、天然の界面活性剤と呼ばれるなど水に溶かすと石鹸のように泡立つ特徴を持っています。そのため豆腐製造を行う際には大量の泡が発生してしまい、対処をしないと気泡だらけのボコボコとした状態になって食感の悪さや、品質の低下にも繋がります。そこで活躍するのが消泡剤で、シリコーン系タイプと有機系タイプの2種類が使用されており、これらの消泡剤は豆腐製造時に使用しても最終的に成分が残らないことや、加工助剤に分類されていることから製品の原料としても表示されていません。

そのため口に入れても一切害がなく、安心して普段の食卓に使用することが出来ます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*