消泡剤には多くの種類が存在している!

消泡剤といっても、さまざまな種類が存在しているのを知っていますか。種類を大きく2つにわけると、シリコーン系と有機系にわけられます。種類ごとの特徴を把握したうえで、どのようなタイプを利用するのが適しているのか考えていきましょう。例えばシリコーン系の消泡剤における最大の特徴は、速効性です。

すぐに効果が出やすいため、すぐに泡を消したいという状況で利用するのに呈しています。そしてシリコーン系は、油が混じっている場合でも利用できるというメリットがあげられます。一方で有機性の場合は、彗星の発泡駅に適しているものの、非水性には弱いので注意しましょう。またシリコーン系の消泡剤といっても、オイル型や溶液型などのさまざまな種類があげられます。

例えばオイル型の場合、油性の発泡液に対して利用するのに適しています。一方で溶液型の場合、先に溶液にしておくことで添加物の分散効率を上げることが可能です。このように同じ消泡剤でもさまざまな種類が存在していて、種類ごとに異なる特徴があげられます。実際に使うときに大切なポイントとなるのが、特徴を理解して状況に適したものを使うという点です。

状況にあったものを使うことで、高い消泡効果を期待することにつながります。適した使い方をしないと、効果が感じにくくなるという点を理解して利用する種類を選びましょう。購入する商品の種類選びで迷ったら、人気情報や利用者の口コミを参考にするのも1つの手です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*