外壁塗装と消泡剤の関係は

3d rendered faucet isolated

住宅が古くなった場合、外壁塗装することによりある程度復活させることも可能です。外壁塗装は非常に重要であり、この部分が劣化してしまうと建物自体が大きく劣化してしまう可能性も高いです。例えば雨風によって外壁の劣化が激しい場合外壁の隙間から水が入ってしまう可能性があります。劣化することにより、ひび割れが発生するからです。

そのひび割れの隙間から水が入ると、建物の内部がサビで覆われるようなことや弱体化するケースも少なくありません。そこで外壁塗装が必要ですがその時には消泡剤の存在も忘れてはいけません。消泡剤とは、名前のままですが泡を消すことを意味しています。食べ物で使うものもありますが、外壁塗装などのように建築現場で使うケースも少なくないです。

消泡剤を使うときのポイントですが、発がん性等は特にないため吸い込んでもそこまで問題はありません。ただ、肺には負担がかかるため気をつけなければいけないものです。また引火しやすい物質でもあります。これは油性の塗料でも同じことが言えますがタバコを出ながら消泡剤を使うのは避けなければいけません。

タバコの火に引火したときには爆発する可能性もあります。後は、きれいに塗装するためには適量を使うようにしましょう。一般的には、スプレーのものも多いですがあまりスプレーをかけすぎると塗料の素材の配分がおかしくなってしまいます。そうすると、本来の塗料の役割を発揮せず短い期間でもう一度塗装し直さなければいけなくなるかもしれません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*