消泡剤を効果的に使い美味しい食品の製造に活かす

泡が発生した状態を好ましくないものとする場合は、食品の製造過程においてよくあるものです。一般的に私達が食べている食品の中で、製造過程における泡が品質に関係するものとしては「豆腐」を挙げることができます。豆腐は大豆から製造する過程において激しく泡が出て来る場合があり、その状態のまま加工すると、気泡が多数含まれるために見た目や食感の良い豆腐が造りにくくなる可能性が高くなります。そこで仕上がりや食感の良さを一定水準以上に引き上げるために使用するのが消泡剤です。

使用しても無害であり安心して食べることができる製品づくりに用いられているものですので安心です。もっとも、美味しく品質の良い食品製造に欠かすことのできない消泡剤は、その成分をしっかりと見極めて使用することも重要です。加工助剤として取り扱われる消泡剤の成分は、グリセリン脂肪酸エステルやシリコーン樹脂などが一般的となっています。泡立ちを抑制する働きを有している物質で、製造過程による過剰な泡立ちを防ぐ効果を発揮します。

豆腐の製造段階では、原料である大豆に含まれる「サポニン」という物質が泡立ちの原因となっており、その泡を表面張力の少ない物質が包み込むことで泡立ちを抑えるという原理です。消泡剤の成分は、製品である豆腐の中には残らないもの考えて良く、もちろん美味しく安全に食べることができます。不使用をうたっている製品もありますが、消泡剤を使用していても無害ですのでそれほど気にする必要はないと言えるでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*