一風変わったテンプレの寒中見舞い・余寒見舞い

12月前になると、日本は厳しいシベリア気団の影響で極寒となる日々が続きます。北海道では連日マイナス10度という気温で、多くの方が家の中で暮らされるわけです。早く雪解けの季節がこないかと、背中を丸めて待ちわびることになります。気持ちも沈みがちで、なかには冬になるとうつ状態になる方も少なくありません。

そこで厚生労働省では、お互いに励まし合うための運動を推奨されるようになりました。そのひとつが寒中見舞い・余寒見舞いの送信であり、親族や親しい友人・会社の同僚に対して送る葉書のことを指します。以前は寒中見舞い・余寒見舞いという文化は国内にはなく、1990年代後半に誕生をしました。年賀状や暑中見舞いや喪中はがきとは異なり、親しい間柄の方のみに出すため気軽なテンプレで対応をすることが可能です。

ここでは簡単に、受け取ると自然と笑顔になる寒中見舞い・余寒見舞いの作り方をご紹介しましょう。それは一風変わったテンプレを採用するものであり、現在ならご当地グルメがおすすめ。たとえば空前のホルモンブームが今巻き起こっており、それを寒中見舞い・余寒見舞いのテンプレにするのも良いでしょう。写真とイラストのどちらを活用しても良いのですが、写真だとリアルすぎるのでイラストを選ぶのがいいかもしれません。

クレヨンやクレパス・色鉛筆などでデフォルメをすると、愛らしさを醸し出すこともできます。テンプレは好きなように決められます。寒中見舞い・余寒見舞いのテンプレのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です